ニコレットガムの成功率

ニコレットガムの成功率

ニコレットガムはタバコを吸いたい時にその気持ちを抑えるガムですが、実際このニコレットガムで禁煙が成功できるのか不安ですよね?そんなニコレットガムの成功率や使用方法などについて簡単にご説明していきたいと思います。

ニコテックス2mg
ニコテックス4mg

臨床によるニコレットガム禁煙率

喫煙習慣が一度身につくと、なかなかそこから抜け出すことは困難であるといわれてきました。これは、タバコに含まれるニコチンの作用が大きいと考えられています。ニコチンを摂取し続けると、それが体内からたくなった時に、強いニコチン摂取の衝動が置きます。結果として、再び喫煙を繰り返すということになります。タバコにはニコチン以外にも、タールなどの発がん性物質が含まれていますから、健康を考えるのであれば、禁煙をするということが大事になってきます。そこで、最近の禁煙の手段として、ニコレットガムを噛んで禁煙を行うという方法が確立されました。このニコレットガムは、わずかではありますが、ニコチンが含まれていますから、喫煙をする代わりにニコレットガムを噛むことによって、喫煙をした後のような満足感を得ることができるようになります。そして、徐々に喫煙欲求を抑えることができるようになり、最終的には完全に禁煙習慣を身に着けることができるようになります。そこで、気になるのは、ニコレットガムは実際にどのくらいの禁煙率があるのかということになります。気軽に始めることはできますが、結局禁煙ができないのであれば、意味がないということになってしまいます。過去の臨床試験の結果としては、解析対象226例の内、禁煙にした人の割合としては、41.6パーセントという数字となっています。さらに、タバコの本数が減った人の割合が29.2パーセントとなっていますから、半数以上の人に、効果があったということになります。中には、あまり多くないと感じるかもしれませんが、喫煙習慣はなかなかやめることが難しいといわれているので、この数字であれば、かなり高い確率であるということが言えます。